乾性フケにいいシャンプーと治し方。脱脂よりも保湿が大事。

 
 
?乾性フケか脂性フケかチェックしてみよう
 
まだの方はこちらで乾性フケかどうかチェックしてみましょう。

 

 

 

頭を少し掻いただけで粉がパラパラと落ちてくる。
 
鏡をふと見ると服の肩にフケがいっぱい落ちている。
 
シャンプーしても乾くとすぐにフケが出る・・・
 
どうすればいいの!

 

 

という方の乾性フケの頭皮改善方法をお伝えしていきます。

乾性フケの原因は何と言っても乾燥。水分・脂分不足

乾性フケにいいシャンプーと治し方。

 

カサカサの水分のないフケが出ると言うことは頭皮にも脂や水分が無い!
ということです。

 

だからその頭皮の乾燥の原因のほとんどは水分不足・脂分不足にあるんです。

 

 

水分がなければ頭皮は潤いません。
そして脂分がなければ頭皮はコーティングされること無く水分は蒸発し続けます。

 

 

どちらも乾性フケ改善には欠かせないものです。

 

 

皮膚も乾燥すると粉を吹くなんていいますが同じように頭皮も乾燥すると粉を吹きます。
本来頭皮であるべきものが乾燥して劣化し、剥がれ落ちてしますからです。

 

 

これが乾性フケというものです。

 

 

乾性フケがなぜ起きるかはわかったと思います。

 

それでは具体的な改善策について見ていきましょう。

乾燥の原因は脂分と水分が足りない。ヒントは皮脂にあり!

 
 
さてではこの原因を解明しなければなりません。
なぜ頭皮の水分が不足してしまうのでしょう。

 

 

それはズバリ頭皮の皮脂の取り過ぎにあります。

 

 

頭皮にはしっかり水分はあるのですが、その水分は外気に触れることで蒸発し続けます

 

その蒸発を防ぐために皮脂が必要となるのですが、この皮脂を取りすぎてしまうと水分は守られる事無く外に出続けてしまうのです。

 

皮脂が肌の水分の蒸発を防ぐ「蓋の役割」をします。

 

皮脂が不足するとこの蓋がなくなり、結果的に水分が蒸発して頭皮が乾燥するのです。

 

水分の無くなってしまった頭皮は乾燥して剥がれ落ちていきます。これが乾性フケなのです。

 

つまり乾性フケ改善としては皮脂を分泌させる。適度に残す事が目的となります。

 

なぜ頭皮の皮脂が不足するのでしょう。理由は2つ

頭皮には皮脂があり、その皮脂によって水分はこうして維持されています。

 

ただその皮脂というのは外部から入れるものではなく、サラダ油を頭からドバーッとかぶれば皮脂完成!!とはなりません。笑

 

つまり皮脂は本来分泌されるものなのです。

 

 

皮脂不足の理由は2つです。

 

@頭皮が皮脂をあまり分泌していない。皮脂が少ない。

 

Aシャンプーなどで必要以上に皮脂を取りすぎている。

 

この2つの原因によって乾性フケは起きやすくなっているのです。

 

乾燥肌であればボディークリームなどで対策していけますが、頭皮はそうはいかないのでしっかり改善していきましょう。

 

今すぐ今使っているシャンプーの使用を止めてください。

食生活 乾性フケ 

 

まず言えるのは今すぐ使っているシャンプーの使用をやめて下さい。

 

皮脂の取りすぎというのが一番起きているのはシャンプーです。
現在乾性フケで皮脂が取れすぎなら今のシャンプーはあなたの頭にあっていません。

 

 

シャンプーは本来参加した皮脂や汚れなどを洗い流してくれるものですが、
あまりに洗いすぎると必要な皮脂まで根こそぎ奪ってしまうからです。

 

 

とくに安いシャンプーに使われている事がおおい合成界面活性剤ですが、

 

合成界面活性剤は頭皮を根こそぎ砂漠にします。
 

あなたが日焼けで皮がめくれた時に石鹸で洗えばどうなるか想像したらすぐわかりますよね?
 
バッキバキの肌の完成です。
 

  • 必要な皮脂まで根こそぎ洗浄。
  • シャンプー後は潤ってますがすぐ乾燥が始まる。
  • リンスやトリートメントは髪を包みますが頭皮には意味がない。
  • 頭皮に必要な栄養が圧倒的に足りていない。

こうした状態になります。

 

乾性フケを汚れだと勘違いして洗えば洗うほど頭皮の砂漠化は進行し続けます。

 

 

乾性フケをシャンプーで改善する方法

このシャンプーを使えばいい!という明確なものはありません。

 

どのようなシャンプーをどのように使うかが大切です!!
当サイトがおすすめするシャンプーは下記にあるのでチェックしてみて下さい。

 

 

さてでは何を主にするべきかと言うと

  • 保湿成分のある洗浄力の弱いシャンプーに変える。
  • すすぎは倍の時間をかける。すすぎが一番大事。
  • 栄養成分の高いシャンプーを使う。特にタンパク質が豊富なもの。
  • 夜シャンプーする。朝はダメ。
  • シッカリと乾かす。濡れたままは危険。

 

この項目を徹底的に行って下さい!

 

 

頭皮も普通の皮膚と同じように乾燥を放置するのはかなり危険です。

 

 

特にシャンプーを変えたらすすぎの時間とちゃんと乾かす事に全力を注いで下さい。

 

出来ればアミノ酸系のシャンプーを使うと乾性フケを改善しやすい。

正直自分に合うシャンプーであれば、シリコンシャンプーだろうが全然良いです。

 

当サイトはシリコンシャンプーはだめ!
安いシャンプーはだめ!
とシャンプーの良し悪しを決めつけません。

 

 

ふけかゆみに男性だけ効果があるシャンプー?女性用との違い

 

こちらでもシャンプーは万人に当てはまらない事をちゃんと話しています。

 

 

ただなぜ乾性フケにはアミノ酸系シャンプーにしてほしいかというと、先程も言ったように

 

合成界面活性剤の使用を避けるためです。
 

安価なシャンプーに使われている石油系界面活性剤(合成界面活性剤)が原因で頭皮が乾燥という可能性は非常に高いです。

 

だから地肌に優しい成分を使ったシャンプーを使う事で改善される可能性があるのです。

管理人

乾性フケにいいシャンプーと治し方。

頭皮トラブルにオススメのシャンプーサイトの管理人の『サク』です。

あなたの頭皮にふさわしいシャンプーが見つかることを切に願っています。

わからないことなどあればお気軽に質問などしてくださいね。

シャンプーランキング

コスパ良し、育毛成分バッチリの万能型haru黒髪スカルプ
haru黒髪スカルプ・プロシャンプー
見た目年齢ー5歳と謳っているシャンプーです。
アミノ酸系シャンプー天然由来。

このharu黒髪スカルプ・プロシャンプーはミノキシジルに指摘されていた副作用が殆ど無いと言われているキャピキシルを使用しているシャンプーで、

育毛シャンプーとしてはもってこいです。

発毛サロンのプロ監修ということもあってかなり育毛効果が期待できるシャンプーです。
価格 容量 コスパ評価
3600円 400ml 1mlあたり約9円

一度のシャンプーで約45円


毎日のシャンプーで約80日使用可能


育毛剤でも使われる副作用の少ないキャピキシル配合シャンプーというのが決め手


 

最高レベルの東洋医学アーユルヴェーダを取り入れたluxe
luxeスカルプシャンプー
男の泡で洗うメンズスカルプ育毛シャンプー

最も歴史の長いと言われる医学アーユルヴェーダで使われるハーブを使用。

ホップエキス・ノコギリヤシなど育毛効果の高いものをしっかりと配合

ココイルグルタミン酸TEAという高級アミノ酸洗浄剤のみを使用しているかなり髪には優しいシャンプー。
価格 容量 コスパ評価
3120円 300ml 1mlあたり約10.4円

一度のシャンプーで約52円


毎日のシャンプーで約60日使用可能


ホップエキス・ノコギリヤシなど育毛に実際使われている成分が配合されているのも育毛シャンプー

 

ゼインを使った髪に特化したケアのINZEAL
INZEALシャンプー
どの育毛シャンプーもアミノ酸系で豊富な天然由来成分を使っているのですが、

INZEALは髪のボリュームを上げ、太くし、艶やキューティクルの保護まで万能な成分がある
『ゼイン』
を使用しています。

育毛剤に使われいる成分はなく、こちらのシャンプーも頭皮環境を健康に整える育毛シャンプーですが、
育毛+強くてしなやかな髪を目指すシャンプーです。
価格 容量 コスパ評価
3260円 300ml 1mlあたり約10.9円

一度のシャンプーで約54円


毎日のシャンプーで約60日使用可能


髪を強く太く抜け毛薄毛予防のシャンプー